よくある質問集

取引信用保険とは何か、御社のビジネスに役立つメリットなどよくある質問と回答です。

取引信用保険とは何ですか?

貴社が売掛債権取引をする以上、取引先が大企業や優良企業でも債権回収不能リスクは常に存在します。取引信用保険とは、貴社の取引先(買主)が資金繰りの悪化や破産等を理由に貴社への支払いを行わない、または支払えない場合に、貴社(売主)の損失を軽減するために使用されるツールです。取引信用保険を契約することにより、売掛債権回収不能によって生じる深刻な財務的ダメージを最小限に抑え、引当金が不要になる場合があり予測不能な貸倒損失コストの平準化を図ることができます。また、損失の補償以外にも売上向上やリスクマネジメント強化など貴社のビジネス発展に貢献できる様々なメリットがあります。

アトラディウスの保険の特色は何ですか?

当社の取引信用保険は、リスクの所在やその原因を審査部が継続的に分析し、不払いリスクが起こりにくい取引先ポートフォリオを実現させることを最重要視しています。当社は、各国独自の法律や市場の特徴に通じ豊富な企業審査経験を持つ与信審査部を有し、全世界の拠点で共有が可能な膨大な企業情報データベースの構築とそのモニタリングの為の情報収集にも力を入れており、貴社が未然にリスクを防げるよう積極的に情報共有も行っていきます。

また、取引先からの支払遅延が発生した場合、債権回収サービスや回収交渉のアドバイスを提供し、債権回収不能リスクを最小限に抑えるように努めております。

それでも債権回収不能になった場合は、最終的に保険金で損失の補償となりますが、保険金をお支払いした後も可能な限り回収のサポートやモニタリングを実施しています。

以上のような取組を通じ、貴社のビジネスパートナーとして債権回収不能リスクを最小限にするプロセスを共有していきたいと考えています。

 

ファクタリングとの違いは何ですか?

取引信用保険は貴社の債権が未回収になった場合にその損失を補償(保険金)する保険ですが、ファクタリングは、ファクタリング会社や銀行に貴社の売掛債権を売却し早期現金化できること(買取ファクタリングの場合)や任意に保証対象先を選定できるのが大きな違いです。それぞれ特色が異なりますので、貴社のご要望をお気軽にご相談ください。

なぜ売掛債権に対して保険を掛けるべきなのですか?

所有する工場やオフィスに保険をかけることは一般的ですが、不思議なことに、バランスシートにおける最大の資産の一つである売掛債権への保険は見過ごされてきました。企業の資産の平均40%が売掛債権と言われていますが、景気循環や季節要因により、時には売掛債権の割合が大きく跳ね上がる場合もあります。

また、支払不能となる取引先を予測することは至難の業です。すべての債務不履行のほぼ50%は、安定した長期的な取引関係を構築していた取引先から発生しています。不測の事態が発生し債権回収不能になれば貴社ビジネスに甚大な影響を及ぼす可能性があります。例えば、貴社の利益率が5%で、顧客1社の債務不履行が10百万円とすると、貴社はこの失われた利益を補うために、2億円の追加売上を生み出す必要が生じます。

どの企業におかれても債権回収不能リスク対策に真剣に取り組むことをお勧めしております。

取引信用保険の対象になるリスクは何ですか?

取引信用保険は、取引先が買掛債務を弁済しない、またはできないことによって貴社が被る損害を補償します。これは、取引先の破産等による支払不能(Insolvency)だけでなく、支払期日から6ヵ月以上も未払い状態である延滞債務不履行(Protracted default)や、輸出取引における取引先の責任ではない契約不履行(外国政府による支払猶予命令、送金遅延、戦争等、いわゆるポリティカルリスク)も対象になります。

どういう企業が取引信用保険を利用していますか?

国内外の市場でお取引先に対して売掛取引で商品を販売する(または役務の提供を行う)企業であれば、業界を問わず広く取引信用保険をご利用いただくことができます。また、国内取引のみ、輸出取引のみ、国内外取引両方、貴社海外現地法人を含めたグローバルプログラムなどいずれの場合にも貴社向けにカスタマイズされた保険条件をご提案することが可能です。

当社ではこれまで貸倒損失が発生したことがなく現在もリスクを感じていないのですが、信用保険は無意味なものなのでしょうか?

差し迫ったリスクがある場合は、取引信用保険の加入自体をお断りすることもありますので、検討開始には遅すぎるかもしれません。また、貴社が取引先の状況が健全だと考えている場合でも、当社が異なる情報・見解を持っている場合もあります。

思いがけない貸倒損失からの保護(保険金)は、取引信用保険のメリットの一つに過ぎません。貴社ビジネス発展の為に取引信用保険を有効にご活用いただくことができます。以下は補償以外のアトラディウス取引信用保険の主なメリットです。

  • 債権保全しながら売上向上、新しい顧客と新しいマーケットへの販売拡張,
  • 手続きに労力がかかるLetter of Credit (信用状)からの移行,
  • 当社から取引先の信用不安情報の取得,
  • オンラインツールによる与信審査依頼・結果共有でスピーディーな営業戦略の構築,
  • 当社審査部のモニタリングによる安心感。

なぜ取引信用保険は売上増加に効果があるのですか?

取引信用保険は、不測の事態が起きた場合の損害の補償機能をもっているため、貴社は取引先に対してより魅力的な販売条件を提案することが可能となり、売上高の増加を期待することができます。また、競合他社よりも競争力のある支払サイトを提案したり、競合他社が売掛取引に踏み切れない取引先や地域へも、この保険を活用することでビジネスチャンスを見出すことができます。

取引信用保険をどのように当社の与信管理強化に役立てることができますか?

当社の与信審査結果、取引先格付、ウォーニング機能、モニタリング機能、マーケット情報を貴社の与信管理強化にお役立ていただけるのは取引信用保険の大きなメリットです。

  • 与信審査結果

新規に取引を開始する場合、当社審査部が貴社の希望与信額を満額承認すれば、安心してその取引スタートすることができます。

もし部分承認や与信限度額がつかない場合はその理由を貴社と共有し、当社の見解をセカンドオピニオンとして活用することができます。

  • 取引先格付

当社では独自に企業への格付を行っています。この格付を貴社内与信管理のバロメーター機能としてもお役立ていただけます。格付に変化が出た場合、当社のオンラインツールを通じて迅速に情報を取得することができます。

  • ウォーニング機能

貴社取引先の財務状況や支払い状況に関するネガティブな情報を当社が外部から入手した場合、当該情報は直ちに貴社と共有されますので、貴社は不測の事態が起きる前にプロアクティブな対策を取ることができます。また、一般的に公表される情報に加え、当社独自の情報網から得る情報もあるため、当社の保険にご加入いただくことで、新たな情報ソースを得ることになります。

  • モニタリング機能

当社では定期的に貴社の保険対象取引先のモニタリングを行っており、必要に応じて情報を共有し、常に不払いリスクが起こりにくい取引先ポートフォリオの維持に努めております。

  • マーケット情報

経済状況や主要業界の見通し、国情報、企業の支払い慣行に関するレポートをお届けしております。当社の見解を与信管理強化にお役立てください。レポートはこちらからご覧ください。

アトラディウス債権回収サービスについて教えてください。

海外の取引先については、債権回収を専門に行っている当社のグループ会社、アトラディウス・コレクションズのサービスをご利用いただくことができます。

基本的には債務者へメール、電話、レター、直接訪問等を通じた交渉により平和的な解決を目指しており、場合によっては貴社の事前承認に基づく法的手続きも行います。

第三者が介入することで債権回収状況が好転することが多く、介入が早ければ早いほど回収成功率は高いと言われおります。海外との取引先との交渉は、物理的な制約から困難な場合がありますが、アトラディウス・コレクションズは多くの国に拠点を持ち、各国の弁護士や回収代行業者とも提携しているため、あらゆる国の債務者との交渉が可能です。

なお、回収手数料は基本的に成功報酬制であり、回収ができなかった場合は一切費用はかかりません(法的手続の場合を除く)。また、当社取引信用保険にご加入いただいている場合、当該費用の大部分について、当社がご負担させていただきます。

保険対象取引先は任意に選択することはできますか?

前述の通り、全てのリスクを予測することは不可能であるため、まず全ての売掛債権取引先(関連会社除く)を保険の対象として検討されることをお勧めしております。大企業や有名企業の倒産は毎年起きていますし、長く取引を継続していた取引先から債権回収不能になることもあり得ます。不測の事態が起きる前にできる限りの対策を取ることは貴社全ての部門の安心感につながります。

主要取引先のみや特定の部門のみの保険設計も可能ですが、保険料率や保険条件の調整が必要となるため、結果的に全社保険対象にする場合と保険料が同程度になる場合もあります。

まずはお気軽にご相談いただきベストな保険設計を一緒に考えましょう。

損失が生じた場合、どれぐらいの期間で保険金を受け取ることができますか?

保険事故日が確定し、保険金査定に必要な書類(インボイスなど)を全て確認後1ヵ月ほどで保険金支払いとなります。

保険金はどのように計算されるのでしょうか?

保険の対象債権に係る損失額または与信限度額のいずれか低い額に、所定の縮小率を乗じた額がお支払する保険金となります。与信限度額は、当社の審査部が取引先毎に設定しますが、一定の条件を満たした場合は、貴社の裁量による与信限度額が承認される場合もあります。

保険金受取後、債権はアトラディウスに譲渡されるのでしょうか?

当社のグループ会社、アトラディウス・コレクションズが債権回収代行をする場合でも、基本的には債権譲渡はされず、債権は貴社に残ります。

取引信用保険の費用はいくらですか?

貴社にご負担をお願いする保険の費用は、保険料と与信審査料です。

保険料は、貴社の保険対象となる年間売上高に基づいて計算されます。保険料率は様々なパラメーターが勘案されますが、保険対象売上高規模、貴社の業界セクター、過去の債権回収不能歴、遅延状況、取引先国、取引先の財務状況、貴社内の与信管理方法などが挙げられます。一般的には売上高に対して1%以下になります。

与信審査料は、一般的に取引先1社あたり数千円程度であり、当社関連会社へお支払いただきます。ただし、国内取引の場合には請求を免除させていただくこともあります。

取引信用保険は不払いの補償以外にも売上向上、与信管理強化、オンラインツールの活用、債権回収代行サービス、銀行からの融資枠など貴社ビジネス発展に役立つメリットが非常に多く、費用対効果が高いと多くの企業から評価していただいております。

免責条項

本ウェブサイトの記載事項は、一般的な情報提供のみを目的とし、何らの目的においてもこれに依拠すべきではありません。規定条件については、実際の保険契約または該当の製品・サービス契約をご覧ください。本ウェブサイトの記載事項は、買主についてのまたは利用者の代理人としてのデューデリジェンスの実施義務を含め、アトラディウス側に何らの権利、義務または責任を生じさせるものではありません。アトラディウスが買主についてデューデリジェンスを実施する場合は、当社の保険引受をその目的とし、被保険者その他の利益を目的とするものではありません。さらに、アトラディウスおよびその関連会社、系列会社、子会社は、本ウェブサイトの掲載情報の利用によって生じた直接的、間接的、特異的、付随的、結果的損害について一切の責任を負いません。