危機からチャンスへ貿易の未来とは?

オンラインのイベントシリーズ

新型コロナウイルス感染症の世界的流行は、世界のビジネスコミュニティに対して、知りうる限りどんな危機よりも、多くの混乱と変動をもたらしました。パンデミック前に貿易関係の大部分を占めていた関税や貿易戦争などの諸問題は、サプライチェーンの崩壊、強制閉鎖、感染隔離などによって色褪せてしまいました。多くのビジネスにとって、このパンデミックは破壊的でした。他のビジネスにとっては、デジタル化の加速を含む、新たな機会が生まれました。

パンデミックによって貿易が完全に変わったわけではありません。しかしそれにより本来10年〜20年かかったはずの変化が、わずか1~2年に圧縮されました。

Ian Goldin
Ian Godin 教授
 

今後の来るべき年月がビジネスにとっての変化とチャンスの時期を教えてくれるだろう。パンデミックそのものの進化に関する論点はさておき、ビジネスにおいては最近のトレンドが永続的なのかどうかが問われています。

四つのライブウェビナーシリーズでは、現時点のトレンドを特定し、パンデミックの渦中、およびそれ以後のビジネスが直面する主要課題を議論するために、専門の識者を呼び集めました。

アトラディウスのライブイベント:新型コロナウイルス危機

Andreas Tesch
Daisy McAndrew
アトラディウスの最高マーケティング責任者である Andreas Tesch がオンラインのイベントシリーズの主催者となりました。彼は国際貿易に降りかかるリスクと課題について豊富な経験を持つため、議論の主要分野に対する見識を共有するのにとても適した人物です。 このシリーズのそれぞれのウェビナー向けのイベント進行役はDaisy McAndrewが務めました。彼女は英国のジャーナリストであり、ITVニュースの経済編集者、最高政治部記者を歴任しました。彼女は現在、フリーランス司会者として、世界の金融と経済の知識を背景に、刺激的な議論を促進する卓越したインタビュアーとなっています。

イベント #1: 新型コロナウィルスはいかにして世界貿易を半永久的にに変えたのか

パネリストたちは、新型コロナウィルス感染拡大による貿易への影響について議論しました。彼らは、この危機を通じてビジネスの勝者と敗者がどのように明確に分かれたのかを研究したほか、急速なデジタル化といった傾向がどんな成長機会をもたらしてくれるのかを探りました。

  • Ian Goldin - オックスフォード大学教授(グローバリゼーションと開発)
  • Emma Marcegaglia -  Marcegaglia Holdings S.p.Aの会長兼CEO
  • Johan Melander -  Electrolux APAC & MEAのクレジットディレクター
  • Edwin Kuhlman -  アトラディウス国際通商に関する契約引受査定チーム責任者/オランダの契約引受査定責任

 

From crisis to opportunity | white paper

 

イベント #2: 貿易関係と関税が世界貿易に与える影響

このパネルでは、地政学と文化的課題が通商に与えうる影響について議論がなされました。貿易協定によって示された成長の見込みおよび、新型コロナウィルスワクチンの重要性、ワクチンの保護貿易主義の弊害についても考えました。

  • John Hulsman - John C. Hulsman Enterprises代表取締役社長
  • Lesley Batchelor - Export Boot Campsディレクター
  • Gordon Cessford - アトラディウス 北米地域ディレクター

 

From crisis to opportunity | white paper

イベント #3: デジタル化が貿易に与える影響

このパネルでは、デジタル化における主要トレンドが確認されました。これらは、電子商取引、与信管理におけるビッグデータ、EaaS、IoTの存在がサプライチェーン管理に与える影響などについて言及しています。

  • David Rowan – WIRED UK版の創刊者兼編集者,テクノロジー分野のスタートアップ企業の投資家
  • Jean-Marc Noël – Trusted Shopsの創業者兼社長
  • Frédéric Wittemans – Ingram Microの国際信用担当、エグゼクティブディレクター
  • Dirk Hagener – アトラディウスの戦略およびコーポレート開発ディレクター

 

From crisis to opportunity | white paper

イベント #4: 脱グローバル化 - 新たなやり方ではあるものの、続くのか?

このパネルでは、新型コロナウイルス危機の貿易中断によりいかにサプライチェーンへの変化が加速しているのか、企業の多くが製造地域、販売・サービス地域を再考する要因となっているのかについて議論されました。

  • Dr Linda Yueh  - 世界傾向についての主要な経済学者、オックスフォード大学セント・エドモンド・ホールフェロー(経済学)、ロンドンビジネススクール非常勤教授(経済学)
  • Valter Viero - イタリア、Acciaierie Valbruna SpA、財務部長補佐
  • Bart Jan Koopman  - オランダの貿易協会、Evofenedex代表
  • Eric den Boogert  - アトラディウス・アジア社長

 

From crisis to opportunity | white paper
免責条項

本ウェブサイトの記載事項は、一般的な情報提供のみを目的とし、何らの目的においてもこれに依拠すべきではありません。規定条件については、実際の保険契約または該当の製品・サービス契約をご覧ください。本ウェブサイトの記載事項は、買主についてのまたは利用者の代理人としてのデューデリジェンスの実施義務を含め、アトラディウス側に何らの権利、義務または責任を生じさせるものではありません。アトラディウスが買主についてデューデリジェンスを実施する場合は、当社の保険引受をその目的とし、被保険者その他の利益を目的とするものではありません。さらに、アトラディウスおよびその関連会社、系列会社、子会社は、本ウェブサイトの掲載情報の利用によって生じた直接的、間接的、特異的、付随的、結果的損害について一切の責任を負いません。